住まいでのマイホームを購入する場合でも、売れ残り物件などを専門に探して、その中で条件に合う物件を購入するという方法もあります。

新しい街での住まい探し

住まいの売れ残り物件の事情

新しい街での住まい探し 住まいでのマイホームを購入する場合でも、売れ残り物件などを専門に探して、その中で条件に合う物件を購入するという方法もあります。新築物件でも中古物件でも、人気がある物件は1か月以内ぐらいに売れてしまいます。それでも売れないという場合には、何らかの問題や条件が悪いという内容があるはずです。その場合には売れる金額まで価格を下げる交渉ができますし、下がっていく場合もあります。もともと売れない物件なので、交渉も時間的な余裕があります。売れない理由でも自分たちには障害にならないという条件もあります。そうするとあとは何処まで下げることができるかという交渉次第です。下がれば下がるほど有利になります。住宅ローンなどを利用する場合には返済も有利になります。

物件の価格でも、もともとの査定価格以上に売主が高くしている場合もあります。最終的には売主が価格を決めるので、もともとの価格が適性であるかどうか確認しておかないと、安くなったと考えても、適正価格やそれ以上の価格だったということもあります。その地域の相場を確認して判断する必要があります。もともと売れない物件の場合には、買い手が少ないか、誰もいないかなので、交渉もゆっくりできますし、調査もじっくり調べられます。もし売れてしまっても他を探せばよいだけです。


Copyright(c) 2019 新しい街での住まい探し All Rights Reserved.